オススメリンク

ガラスを交換する際に利用したいのが防犯ガラスです。フィルムと一緒に利用することでガラスが割れるのを防止し、侵入を防ぐことが出来ますよ。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

うっかり

ガラス窓の通路

うっかりガラスのコップを割ってしまい、あわてて素手で触ってしまって指を切ってしまった・・・という経験をしたという方は少なくないのですが、「ガラスにはこうした小さな破片でも危険がある」と言うことを実感として認識されている方はあんまり多くないのが現状です。

大地震などの災害時や大型台風で強風が吹いた場合に一般的な家庭の窓ガラスが割れた場合は、そのガラス破片は広範囲にわたって飛び散ります。床に飛散した破片は、その後の速やかな避難や捜索活動の際に大きな妨げになってしまいます。高層階に住んでいる場合などは、竜巻などで自宅の窓ガラスが割れて強風にあおられた結果、下の道路を歩いている通行人や避難者などを傷つける可能性もあるのです。これは防犯を考える際にも同じ事が言え、飛散防止加工がなされていない場合、侵入が容易に出来てしまい「あの家は簡単に侵入できる」などと空き巣のネットワーク上で自宅の情報が出回ってしまい、自宅周辺の治安をも悪化させることにつながってしまうのです。

自分の身を守るためだけではなく、自分が加害者にならないためにも、ガラスの災害対策や防犯対策は重要だと言えます。プロのアドバイザーに相談することで最新の情報を得ることが出来ます。

住宅の窓ガラス交換やベランダのガラス修理、防犯ガラスへの交換だけではなく、防音・防火ガラスへの交換や修理などを検討している方も、専門の業者などで相談に乗ってくれます。

大規模地震や防犯対策に有効な飛散防止フィルムやガラスの種類などについてはそれぞれ詳しく紹介致しますので、参考にして下さい。

ガラス修理の概要は、自宅などでガラスを割ってしまったなどのガラスのトラブルの際に専門業者が修理の為に現場を訪問するということです。

修理のメイン作業はガラス交換になりますが、特に一戸建てなどの場合はメンテナンスの目的も兼ねて、飛散防止フィルムなどをガラス面にコーティングして、より使いやすいガラスにするなどの作業をすることもあります。

このようにガラスの修理は単に交換だけにとどまらず、長年利用できるようにメンテナンスをする貴重な機会にもなります。

ガラス修理の方法

ガラス窓とブラインド

ガラス修理の方法は、その材質の特性により、部分的な修復が困難であるため破損した個所を含めた全体の交換が行われることが一般的です。頻繁に破損が報告される窓ガラスは交換が容易な構造を有しており、専門業者によるガラス交換がスムーズに行われます。

ただし、全体交換が困難なステンドグラスや飾り窓の修復は困難を極めるため、修理を行うよりも飛散防止フィルムなどを用いて致命的な損壊を防ぐ予防策がとられることが一般的です。

ガラス修理の効果とは、窓ガラスが割れた時などに現在では日本全国どこに住んでいても修理業者を呼ぶことができます。その場合に見積りを取るので後で予想外の費用になったということは少なくなります。

破損箇所の状況如何で今後防犯対策を行うのであれば防犯フィルムを取り付けてもらうとセキュリティ性を高めることができますし、ガラス交換の際飛散防止フィルムを貼ってもらうと地震などの際にガラスが割れても破片が飛び散らないので安全になります。

ガラス交換は一般的に、ガラス修理の過程において、ガラスの破損が大きすぎたり、修復が不可能であったりする場合にガラスを丸ごと取り替えてしまう手法の一つですが、近年では、修理の為だけではなく、防犯や防災の視点からガラスを交換するケースも増えてきています。

例えば、ガラスの表面に飛散防止フィルムが接着されている製品などは、防犯や防災の視点から見て非常に有効性があるとされています。その他、耐火性のあるガラスや、人体に有害な紫外線をカットするガラスなど、様々な種類のガラスが存在しています。

ガラス交換をするときの注意点としては、とにかく怪我をしないようにするということに尽きます。そのためのアイテムも売っていて、とくに飛散防止フィルムをあらかじめ張ってから作業をするなど、安全面での配慮が求められます。

ガラスは肌に入れば大問題を引き起こす可能性のある危ないものですから、自分では交換することが難しいと思ったのなら、すぐにガラス修理専門の会社に電話をすることも必要です。専門家なら難しいガラスはめもスムーズに行ってくれます。